headband

目のくまを消す方法

HOME >> 肝臓病が原因の目の下のクマ

肝臓病が原因の目の下のクマ

なかなか目のクマが消えない時
目の下にクマができたりしますと、普通疲れやストレスからきているのかなと思うのではないでしょうか?

あるいは寝不足などでも目の下にクマができるのは珍しいことではありませんよね。


ところが目の下のクマというのは、上記のようなよくありがちな理由以外の原因が潜んでいるケースもあります。

目の下のクマを解消するために問題のあった生活習慣を改善して、睡眠を充分にとって栄養バランスを考えた食事をとっているにも関わらずクマが消えないということであれば他の原因を考える必要があります。


内臓の病気からくる目のクマ
目の下にクマが出来る原因には、内臓の病気から来ているケースがあるんですね。したがいまして目の下のクマがなかなか消えないということであれば、一度内科に行って診察してもらった方がよいでしょう。

内臓の病気の中でも特に肝臓が病気になってしまいますと目の下にクマができてしまうことがあります

血液というのは皆さんもよくご存知の通り赤いわけですが、それは肺から全身に酸素を運ぶために血液中の赤血球の中に存在しているヘモグロビンの色素が赤いからなんですね。


ところが肝臓病になると、血液を赤くしている色素であるヘモグロビンの量が減少してしまうことがあります。そうすると血液の色はどす黒くなってしまうわけですね。

目の下の皮膚というのは非常に薄いものです。身体の皮膚の中でも一番薄いと言ってもよいでしょう。例えて言うならば、卵の薄皮程度の厚さしかありません。

そのために血液が黒く変色してしまいますと、皮膚の薄い場所では透けて見えてしまうんですね。これが肝臓病が原因となってできる目の下のクマの正体なのです。


※こちらに続きます。
>>>内臓の病気が原因の目の下のクマ

pagetop

目のくまの取り方

目のくまの原因

目のくまの治療

目のくまの予防

目のくまに効果のあるサプリメント

目のくまに効果のある漢方薬

目のくまの取り方

目のくまの原因

目のくまの治療

目のくまの予防

目のくまに効果のあるサプリメント

目のくまに効果のある漢方薬

Copyright(C) 2012 目のくまを消す方法 All Rights Reserved. アンチエイジング