headband

目のくまを消す方法

HOME >> 内臓の病気が原因の目の下のクマ

内臓の病気が原因の目の下のクマ

※「肝臓病が原因の目の下のクマ」からの続きです。

減少するヘモグロビン
肝臓病が原因となって目の下にクマができることがあります。

人間を含めて全ての脊椎動物は、血液中の赤血球にはタンパク質の一種で赤い色素のヘモグロビンが存在しています。

ヘモグロビンには酸素分子と結合する性質があります。脊椎動物の肺から取り込まれた酸素は、このヘモグロビンと結合することで全身に酸素を供給しているわけなのです。

ところが肝臓病になりますと、ヘモグロビンの量が減少して血液が黒っぽくなってしまいます。そうすると皮膚の薄い目の下は黒く見えてクマができてしまうのです。


目のクマが消えない時
日常的についつい飲み過ぎてしまったり、食べ過ぎなどで肝臓に負担をかける日が続いたりしますと目の下にクマができてしまうことがあります。

不健康な食生活を続けている方は、ご自身には自覚があると思いますので、もし目のクマがなかなか消えないようであれば飲酒量を抑えるなどの改善を心がけてはいかがでしょうか?

過度の飲酒は色々な病気の原因になります。


目のクマの原因として考えられる他の病気には腎臓病、糖尿病、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)などがあります

目のクマの原因の多くは睡眠不足やストレスにあることは間違いのないことです。しかしながら、内臓の病気からくる目の下のクマがないわけではありません。

目の下のクマが、色々な解消法を施しても消えない場合はやはり内科で診察してもらったほうがよいでしょう。

pagetop

目のくまの取り方

目のくまの原因

目のくまの治療

目のくまの予防

目のくまに効果のあるサプリメント

目のくまに効果のある漢方薬

目のくまの取り方

目のくまの原因

目のくまの治療

目のくまの予防

目のくまに効果のあるサプリメント

目のくまに効果のある漢方薬

Copyright(C) 2012 目のくまを消す方法 All Rights Reserved. アンチエイジング