headband

目のくまを消す方法

HOME >> その目の下にできた酷いくまは何?疑うべきは病気の可能性!

その目の下にできた酷いくまは何?疑うべきは病気の可能性!

目の下のクマが改善されない時
寝不足などが原因で血行不良となり、目の下にクマができてしまうことがあります。

しかし、このようなクマは、原因となる寝不足を解消してあげれば改善するはずです。

ところが、充分に睡眠時間を確保したり、あるいは目に休養を与えたりしても目の下からクマが消えないということであれば、これはやはり何かしらの病気を疑うべきだと思います。

当然のことながら、もし病気ということであれば、治療の開始はできるだけ早い方がいいに決まっていますので、すぐに病院に行って診察してもらってくださいね。

目にクマができる病気とは?
目の下にクマができる可能性のある病気というのは、下記のようなケースが考えられます。

(1)肝臓病
(2)腎臓病
(3)糖尿病
(4)低血圧
(5)バセドウ病
(6)アトピー性皮膚炎


上記のような病気を発症しますと、目の下にクマができてしまうことがあります。(1)〜(3)の肝臓病、腎臓病。糖尿病のような内臓疾患は、それぞれの内蔵が持っている機能が低下してしまいますので、血行不良になりがちです。

血行不良は、目の下にクマができやすい状態ですので、いつクマができても不思議ではありません。速やかに、これらの病気治療に取り組む必要があるでしょう。

低血圧の人というのは、血液の圧力が低い状態にありますので、当然、血行不良になりやすいといえるのであります。低血圧で血行不良の状態にありますと、やはり目の下にはクマができやすくなってしまうわけですね。

目の下のクマを消すためにも、低血圧を改善させましょう。

バセドウ病は、その症状に目の腫れやたるみがあります。そうすると、目の下に影ができてしまいますので、その影はクマに見えてしまうわけですね。

アトピー性皮膚炎の人は、全身のどこかしらに痒みという症状が現れます。その痒みが、目の周辺に現れてしまうことがあるんですね。

その目に周辺に発生した痒みを掻いたりしますと、擦れてしまって色素が沈着してしまうことがあるのです。目の下の色素の沈着は目のクマに見えてしまいます。目の下の皮膚は、非常に薄くできていますので、けっして擦ってはいけません。

pagetop

目のくまの取り方

目のくまの原因

目のくまの治療

目のくまの予防

目のくまに効果のあるサプリメント

目のくまに効果のある漢方薬

目のくまの取り方

目のくまの原因

目のくまの治療

目のくまの予防

目のくまに効果のあるサプリメント

目のくまに効果のある漢方薬

Copyright(C) 2012 目のくまを消す方法 All Rights Reserved. アンチエイジング